消費者金融 専業主婦

専業主婦でも借りれる消費者金融ってあるの?

 

自身で収入を得ていない専業主婦といえど、突発的な事情でまとまったお金が必要になる時というのはあるものです。最も一般的な理由といえば、やはり冠婚葬祭ではないでしょうか?というのは表向きで、

 

 

実は友達とランチや飲みに行ったり、バーゲンでどうしても欲しいものがあったりと遊びにや趣味に使ってしまうことが多いようです。


人間ですから人生楽しく過ごすためにお金が必要な時には借りて、必要のない時には節約して返済して賢くやりくりしたいところ。しかし、

 

 

残念ながら収入のない専業主婦では消費者金融のカードローンに申込む事はできません。


パートで安定収入があれば主婦でも即日融資に強い消費者金融に申込める

今すぐ借りたい時にはやはり即日融資に強い大手消費者金融です。どのカードローンでも安定収入がないと申込めませんが大手消費者金融では、

 

 

パートなどの安定収入があれば主婦でも申し込みが可能です。


銀行カードローンと比べても融資方法も多彩で、特に即日融資の際には大手消費者金融が力を発揮します。主婦の方ならネット申し込みでWEB完結する振込融資を望むかとは思いますが、

 

 

ほとんどの銀行カードローンでは振込融資は不可能です。


それに対して大手消費者金融ではどの金融機関でも平日14:00までに契約完了すれば即日振込が可能です。更にプロミスでは瞬フリサービスがあるので、

 

 

  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行

どちらかの口座であれば、登録することにより24時間365日最短10秒で振込融資が可能になりますので時間・曜日関係なく振込融資可能になります。


パート・アルバイトなどで安定収入があるのならこちらの消費者金融

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

パート主婦なら郵送物なし旦那にバレずに申込めるWEB完結も対応可能!
即日振込・即日カード発行も可能なプロミスのカードローンは初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)も利用できるのでスピード融資・低利息を実現できるカードローンです。
パート主婦にも女性オペレーターが対応してくれるレディースキャッシングがあり、月々の返済額も1,000円からと安心できます。自動与信システムで高審査能力のプロミスならパートでも安定収入があれば安心です。

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
目次

消費者金融では総量規制の例外である配偶者貸付を実施していない所が大半

こうした理由から、専業主婦はいわゆるプロミスやアコムに申込むことができず、消費者金融業者の多くは自ら収入を得ていない専業主婦に対しては申し込みを断っている消費者金融がほとんどです。総量規制では、

 

 

〔専業主婦の収入(収入なし)+配偶者の収入〕÷3 > 専業主婦の借入額+配偶者の借入額


であれば融資可能と謳っているのですがその為には配偶者の借入金額・配偶者の収入を把握しなければいけないため手間が掛かります。しかも配偶者を保証人にできない為にリスクがあるのが断っている理由になります。

 

 

数少ないですが配偶貸付を実施しているカードローンもありますが、その為に必要な書類に熟考が必要になってきます。

 

もちろん、パートなどで収入を得ていれば上記2社のようなパートでも申込可能な所である程度の金額までは融資を受けることができますが、全く収入がない状態で融資を受けることはできないということになります。

 

消費者金融に対して、銀行などが展開するカードローンでは専業主婦でも利用することができる商品が多いという特徴があります。自身に収入を得る手段はありませんが、配偶者に収入があればその収入を「返済能力」と判断したうえで融資を受けることが可能です。

 

その場合でも、たとえば既に配偶者に借入があった場合には利用できなかったり、金額的にも一定の制限が設けられていたりするのですが、それでも全く利用できないというわけではありませんので、こうした選択肢があるということも覚えておくと便利といえるでしょう。

 

銀行カードローンの専業主婦への貸し出しに関する現状

銀行カードローンが貸付残高を伸ばし貸金業者が伸び悩む背景

現在の個人無担保融資の割合は、一時期と比べてかなり変化しています。朝日新聞によると、銀行の個人無担保融資はこの5年間で1.5倍に膨れ上がり、消費者金融の貸付残高を上回っています。

 

この一時期とは貸金業法改正前の状況の時で、武富士などの消費者金融の全盛期の事を指します。その頃銀行はほとんど個人への無担保融資には手をつけず、消費者金融や信販会社などの貸金業者の独壇場になっていました。

 

ただし、貸金業法改正前には、借入残高10万円以下は年20%までという利息制限法と、最高29.2%間での利息を認めていた出資法の間の金利(グレーゾーン金利)を適用して貸していた貸金業者が、過払い金請求により武富士などは破綻、その他の消費者金融などは銀行に吸収されている背景もあります。

 

これを鑑みてこのグレーゾーン金利と債務の超過を防ぐ為に、貸金業者に貸し出しの制限を設ける総量規制が平成22年に施行されました。これにより消費者金融を含む貸金業者が貸せる金額が制限されましたので、

 

 

総量規制の基である貸金業法に左右されない銀行法で規制される銀行カードローンが『総量規制対象外』を売りに貸付残高を伸ばしてきたのです。


銀行カードローンが貸付残高を伸ばしたことによる金融庁の動き

 

総量規制が施行された時には、『総量規制対象外』の枠に収まりたいという思惑から銀行成りをしたり、ネットバンクなどをM&Aで取り込んだりする動きがありました。これも総量規制の対象外のローン商品を出したいが為の動きです。

 

もちろん専業主婦への貸し出しも消費者金融ではできなくなりましたので、その辺の顧客獲得も見据えての動きになります。ただし現在、

 

 

こうした銀行カードローンの貸付残高増加を金融庁は消費者の債務超過の元凶と危惧しており、指導強化に乗り出したのです。


これにより銀行カードローンは、金融庁のお達しの通りに内容は様々ですが、自主規制せざるを得なくなったのです。

与信の少ない学生や主婦・専業主婦への訴求を止めた銀行カードローン

 

一連の自主規制により、与信の少ない方への訴求を債務超過の恐れがあるということで止めている銀行カードローンがあります。当サイトでも紹介していたみずほMyWingなんかも主婦への訴求を止めました。同時にみずほ銀行の主力商品であるみずほ銀行カードローンなども主婦への訴求を止めています。

総量規制対象外の訴求を止めた銀行カードローン

 

銀行カードローンの貸付残高が伸びた一番の要因である『総量規制対象外』の看板を降ろした銀行カードローンもあります。総量規制対象外を謳って申し込みに来る人は、

 

 

  • 与信の少ない方
  • 既に年収の1/3以上の借入がある方

のいずれかになりますので、このことでもっとも債務超過の助長となることが危惧されての自主規制になります。専業主婦への訴求ももちろん総量規制対象外を謳わなければならないので、止めている銀行カードローンがあります。当サイトでも紹介していたじぶん銀行カードローンやメガバンクの三菱東京UFJ銀行カードローンなどがこれにあたります。

即日融資の訴求を止めた銀行カードローン

簡単に申込めるとのイメージが強い為、即日融資の訴求も止めている銀行カードローンがあります。もともと銀行カードローンにはそれ程即日融資の可能性はありませんが、少しの可能性を誇大に主張しているカードローンがたくさんあったことは否めません。

 

みずほ銀行カードローンや三井住友銀行カードローンがこれにあたります。

カードローンの複数契約は専業主婦には厳しい

安定収入のない専業主婦の複数契約は無理に等しい

専業主婦がカードローンに申し込む場合は、どうしても正社員のOLなどより審査に通るのは難しくなってしまいます。たった一件のカードローンだけでも簡単ではないのですから、二件目、三件目ともなれば尚更難しくなってしまいます。

 

 

ですから現実的に考えると、専業主婦が複数のカードローンを利用するのは殆ど無理だと考えるべきです。


確かに専業主婦によっては不労所得などの特殊な定収がある場合もあります。そんな主婦なら属性は高いと判断されますので、絶対に不可能だとは言えません。

 

また、カードローン会社によっては時と場合に応じて二件目以降も可能となるケースがあるかもしれません。それはケース・バイ・ケースと云えます。但し属性の高い主婦とは、あくまでも例外的な存在なのです。

 

ですから一般的に考えて、もしも専業主婦が一度に複数のローン会社に申し込み手続きをするような場合では貸付側からは、

 

 

「この主婦はよほど金欠で切羽詰まって困っているに違いない」


と思われてしまう可能性が大きいです。ですから常識的に考えて審査に通る可能性は非常に低くなるはずです。ちなみにローン会社は、個人信用情報機関によって申し込み者の基本情報は共有しています。

 

ですから「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」というような考えで複数同時に申し込んでも、それは各会社にはお見通しですから審査に通る可能性を高めてくれるどころか、却って逆効果となってしまうので複数申込みはしないほうがベターです。

消費者金融で利用できる即日融資のメリットとデメリット

消費者金融はどれだけ即日融資が早いのか?

消費者金融で即日融資を受ける場合には、たいていのケースでそのメリットばかりが取り沙汰されますが、実際のところはどこまでメリットがあるのでしょうか。まず、

 

 

初めて消費者金融を利用する人が驚くのが融資までのスピードであるといわれています。


即日融資とはいえ、申し込んでから数分〜数時間で契約が完了して融資も行われるわけですので、融資にかかる時間だけ見れば一日もかかっていません。特に大手消費者金融は申込から最短1時間融資をうたっています。

プロミス 最短1時間融資
アコム 最短1時間融資
SMBCモビット 最短1時間融資

ここまでスピーディーな融資ができるということなので、消費者金融を利用する人にとっては、主に遊興費などのようにとにかく急いでまとまったお金がほしい場合などに効果を発揮するといえます。

 

消費者金融業者の紹介サイトなどでは冠婚葬祭などといった急な出費に利用するといったケースが紹介されていますが、むしろ必要となるのは、

 

 

冠婚葬祭の時ではなく「急な出費」の後の生活費などかもしれません。


このように、即日融資ができるということに対してのメリットや消費者金融そのものに対しての評価というのは非常に高いものがあるといえるでしょう。

即日融資の得意な消費者金融にもデメリットが?

とはいえ、即日融資というシステムそのものについてデメリットが全くないわけではありません。そのひとつが金利です。いうまでもなく消費者金融でお金を借りた場合には「金利」というものが発生します。

 

その金利は、融資を受けた残高に対して計算されることになるうえ、即日融資を受けたその日から利息の計算が始まります。

 

最近では消費者金融の中でも無利息期間が用意されているところも増えていますが、こうした無利息期間はすべての消費者金融で用意されているわけではありませんので、なるべく

  • 融資スピードが早い
  • 無利息期間

 

 

両方ある業者を選ぶ事がお得な即日融資を受けるコツです。


プロミス 最短1時間融資 初回30日無利息サービス
アコム 最短1時間融資 最大30日金利ゼロサービス

選ぶ業者によっては融資を受けたその日から利息が発生するといったケースも珍しくありませんので上の表のプロミス・アコムを選んでおけば安心です。

 

消費者金融の行う即日融資は、確かにすぐにお金を借りることができるという意味で大きなメリットがあるものの、その後の返済についてもしっかりと計画を立てておくということが利用するうえでの基本となることを覚えておきましょう。

 

 

また消費者金融では総量規制の関係で専業主婦は申込み不可がほとんどですので気をつけておきましょう。


パートなどで安定収入があれば主婦は消費者金融に申込んだ方がいい理由

遊びや趣味に消費者金融を使うことが多いと先ほど述べましたが、勿論冠婚葬祭にも利用できます。特に、身内の不幸というものは突然訪れるものですので、そういった場合に香典や交通費といった出費がかかるのはよくある話です。

 

その時にはなんとか手持ちのお金で乗り切ることができたとしても、その後の生活費などへの影響が全くないということにはなりません。そうした場合に、消費者金融などを利用してお金を借りることができれば急場をしのぐことができます。

 

とはいえ、専業主婦の人がお金を借りるのは決して簡単なことではありません。たとえば「融資」というものは、返済能力があるということが前提で行われるものです。

 

ここでいう『返済能力』とは、収入の有無が大きく関係してきます。専業主婦というものは、自身で収入を得ていないため、返済能力という意味では非常に弱い立場であるといえます。逆に、

 

 

パートやアルバイト等で定期的収入があれば審査・融資スピードで有利な消費者金融で申込可能になってくるのです。


専業主婦・パート主婦の消費者金融での申込体験談

主婦の融資は銀行で不可能?

 

新年早々、家計がピンチです。思った以上に帰省費用が家計を圧迫しているのです。それに加えて、今月は子どもの習いごとの月謝を2ヶ月分併せて納めることになっていたのをすっかり忘れていたのです。

 

先月中に先に取り置いておくべきでしたが、今となってはどうしようもないことなので何とかしてお金を工面しなくてはなりませんでした。こんな時こそ、主婦でも借入ができる金融機関があれば・・・と検索した所、パートで安定収入があればプロミスで申込可能とのこと。

 

主婦はパートをしていてもお金を借りることができない金融機関もあるのですが、プロミスならOKとのこと。スマホでも簡単に借りることができる上に、家族に内緒で借りることができます。私はこれまでにも、二度利用したことがあるのですがとても簡単に借りることができて助かりました。

 

あまりにも簡単に借りることができるので、利用する時は慎重になるべきだと思っています。そして、返済は直ぐにすることが大切だと思います。給料日になったら、直ぐに返済します。


専業主婦には家事以外にも仕事がある

 

専業主婦は周りから見ればすごく楽な仕事のように思われたりしています。でも、専業主婦は専業主婦で大変な部分がたくさんあります。それを、すごくわかってもらいたいなと思うようになりました。専業主婦は、家事をするのが当たり前みたいに思われがちです。

 

でも、専業主婦には休みがなかったりするのです。それを考えると外で仕事をしている方がよっぽどまだ気が楽なのかなと思ったりします。育児をしているとより、家事が忙しくなってしまいます。家事をしている中で、育児をするというのは相当大変なものです。やってみないとわからないものです。だから、専業主婦には家事以外にも仕事がありますから、すごく忙しいものなのです。

 

なのでちょっと助けて欲しいと思う事もよくあります。助けてくれないなら夫に内緒でカードローンで借りて遊ぼうと思ってアコムに申込んでみたのですが、専業主婦は申込めませんでした。こんなに主婦業頑張ってるのに、無職扱いはちょっとひどいと思います。


パートとプロミスのローンで家計を補助

 

専業主婦をして、かなり家計をやりくりするのが難しい事だと理解をしました。共働きをしたいた時は、それなりに収入があったので、あまりお金に困るような事がありませんでした。

 

でも、私が仕事を辞めたとたんに、やはり苦しいと思うような事ばかりになってしまったのです。もちろん専業主婦をしたくて、自分で選んだ事なのですが、これほども家計のやりくりが大変だと思いませんでした。なので、貯金などもどんどんなくなってしまっている状態で不安になってしまっています。

 

だから、そんな不安をなくすために、プロミスを利用できればいいなと考え、パートを始めました。生活をしていたら、やはり急に大きなお金がかかるような事も出てくるかもしれません。

 

私は今度、車検があるので、そこが怖い部分があったりするのです。だからとりあえずそういう時に利用ができるようになれればいいので、3ヶ月パートを継続してプロミスに申込んだ所なんとか審査を通過することが出来ました。これで何かあった時もプロミスですぐ借りれるのでひとまず安心することが出来ます。


海外ドラマ好きの私にはプロミスが必要不可欠

 

私は、有料動画配信サービスを色々試してみました。初めは、プロバイダーを変えた時に、NTTぷららで「ひかりTV」に申し込めばHDDがもらえるというキャンペーンをしていたのがきっかけで加入しました。52chの専門チャンネルと特定のビデオの見放題の「お値打ちプラン」で月2500円程度。

 

私は海外ドラマ好きで、子どももいるので、一日中海外ドラマ作品をやっているチャンネルやアニメをやっているチャンネルがあることに初めは感動して、一日中TVをつけっぱなしだったのですが、数カ月するとそんなに見る事が出来ないことに気付き解約をしました。

 

それでも、海外ドラマ好きな私は、ツタヤやゲオで月に千円以上DVDレンタルにお金をかける事が多かったので、色々調べていると「Hulu」という動画配信サービスがあることを知りました。月に税抜き1000円で、見たいと思っていた海外ドラマがたくさんあったので、レンタルするより安く返却する手間が無く楽だったので、満足していたのですが、そこでハマった海外ドラマの「ウォーキング・デッド」で気持ちが変わってしまいました。

 

最新話が「Hulu」では配信されず、「Dビデオ(DTV)」で配信されることになったのです。それをきっかけに月々税抜き500円で「Dビデオ(DTV)」に乗り換え、利用し続けています。映画を見に行った時に、映画の無料チケットがもらえるということで、「U−NEXT」のお試しキャンペーンに加入してみましたが、タブレット端末でのアプリのエラーが多かったり、ポイントを映画館で使用しようとした時に、トラブルが多かったりしたので、やはり「Dビデオ(DTV)」が良いと思っています。

 

こんな事をしていると、やはり月々の生活費がかさんでしまいます。幸いパートをしているので、プロミスに申し込む事が出来、足りない月はちょいちょい借入して賄っています。


更新履歴
page top