専業主婦でもカードローンを利用する方法とは?

専業主婦でもお金を借りることはできるのか?

専業主婦とは、その名のとおり主婦業に専念している人のことであり、基本的にはパートやアルバイトなどで収入を得ていない層のことです。こうした人たちはカードローンを利用してお金を借りることがかなり難しい状況にあります。その理由は、

 

 

個人的にパートやアルバイトで仕事をしていないため収入がない状態だからです。


カードローンといえば消費者金融に代表されるように誰でも手軽に利用することができるという特徴がありますが、融資を申し込むための条件として毎月安定して収入を得ていること、というものがあります。融資を受けた後の返済というものは毎月の収入の中から支払っていくことになりますので、収入がなければ返済もできなくなるためです。

専業主婦がお金を借りるには?

毎月の収入がない専業主婦は、その関係からお金を借りるための利用先がかなり制限されますが、専業主婦といってもまったく与信がないわけではなく、

 

 

専業主婦の大半は、安定収入のある配偶者(旦那さん)と生計を共にしているので、ある意味与信は高い。


しかし、総量規制という個人の年収に対する貸付制限がある為、消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠などは安定した収入を得ていない専業主婦の場合はまず借入を受けることはできません。結果的に、専業主婦でも利用することができる借入先としては、

 

 

総量規制に左右されない銀行カードローンのみ


ということになります。銀行カードローンの場合は配偶者に安定した収入があることが条件となりますが、審査に通ればお金を借りることができます。ただし、銀行カードローンであれば専業主婦の誰でもお金を借りることができるというわけではなく、様々な要因で融資を受けられない可能性もあります。

 

安定した収入を得ていない専業主婦相手に融資を行うということなので、銀行としても審査では慎重な判断を行うことも多く、銀行なら専業主婦でも問題なくお金が借りられるというわけではありません。

確実に専業主婦がお金を借りるには?

ここまで説明してきたように、専業主婦にとってお金を借りるためには安定して収入を得ていないということが大きなネックとなります。そもそも消費者金融業者のように融資を申し込むための条件として

 

 

毎月継続的な収入を得ていること


と定めているところも少なくありませんので、こうしたところではお金を借りることはほぼ不可能です。そのため、確実にお金を借りるためには、結局のところ専業主婦という立場ではかなり難しいということになりますので、アルバイトなどをして毎月収入が入ってくる状態になるしかありません。

 

もちろん仕事を初めてすぐにお金を借りられるというわけではありませんので、実際に借入可能な状態になるためにはある程度の期間が必要となります。

 

>>確実に専業主婦がお金を借りる事のできる消費者金融以外の銀行カードローン