専業主婦が借りられる金額はいくらまで?

専業主婦が借りられる金額

個人的な収入のない専業主婦の場合は、

 

 

安定した収入があることが条件のカードローンを利用してお金を借りることはできません。


そのため、専業主婦が実際に借入を受けることができる利用先というのはかなり限定されることになるのですが、その場合いくらまで借入を受けることができるのでしょうか。

 

主婦であってもパートやアルバイトで働いている人ならともかく、収入を得ていない専業主婦ですので、融資を受けることができたとしてもあまり高額の借入はできないと考えておいた方が良いでしょう。

 

ここでは具体的にいくらまで借りることができるか、ということについて考えてみましょう。

借入金額は申し込んできた人の状況によって異なる

専業主婦に限らず、カードローンに申し込んで融資を受けることができる金額というものは、申し込んできた人の状況によって異なってきます。収入の金額が多い人であればそれに応じて借りることができる金額も多くなっていきますが、収入が多くても既存の借入金額が多くなればその分融資を受けられる金額も減っていきます。専業主婦の場合も基本的にはこれと同じですが、

 

 

収入がありませんのでもともとの借入可能な限度額についてもあまり高額ではなく、そこから状況に応じて変化していくことになります。


また、専業主婦の場合は自身の収入がないことから配偶者の収入をもとに融資を受けることになりますので、配偶者の状況というものも借入可能な限度額に影響することがあります。

実際のところいくらまで借りられる?

もともと収入がない専業主婦の場合は、カードローン業者としてもその後の返済が難しいと判断されることから、少額の融資となる場合がほとんどです。

 

 

具体的には専業主婦の場合は多くても50万円前後と考えておいた方が良いでしょう。


もちろんこれは専業主婦が借入を受ける最大の金額という意味ですので、初回の申し込みの段階でいきなりそこまで借りることはまずできません。そのため、

 

 

初回の申し込みの段階で借入を受けることができる金額としては平均すると10万円前後である場合がほとんどです。


あまり高い金額を借りることができないということについては少し残念に感じるかもしれませんが、その後の返済のことを考えればむしろ少額の借入であるほうが望ましいといえるでしょう。

 

また、専業主婦の場合は家族に内緒でお金を借りるケースも多いため、その意味でもあまり高額の借入を受けないことに越したことはありません。