友達の専業主婦の浮気の話

私の話でなくて申し訳ないのですが友達の専業主婦の浮気の話を聞きましたのでちょっとお話したいと思います。

年下の男性との浮気はお金が掛かる

夫とのありきたりな日常に疲れて自分より年下の男性と浮気しています。ちなみに彼氏は20代で社会人ですが、まだ就職したばかりなのとあまりお給料のよくない会社らしく、

 

 

自由に使えるお金が少ないみたいなんです。


私は自由に使えるお金はそれなりにあるのですが、年下の彼と会っているとすぐに底をついてしまいます。彼の生活費が大変なのはわかっているので、代わりに私がご飯を作ってあげたりホテル代を出してあげたりしたくなるんですよね。

 

夫は平日仕事で家を留守にしています。彼は平日が休みのお仕事をしているので都合がいいのですが、ただ私の家で会うのはさすがに抵抗がありますね。夫が仕事中に家に帰ってきたことはありませんが、安心はできません。なので

 

 

彼の家に行くことが多いのですが・・・


彼の家は狭いのであまり落ち着かないのです。そうするとじゃあやっぱりホテルに行こうかという話になり、ホテル代が毎回かかるというわけです。ホテル代を出すことは別に嫌ではないのですが、なんだか

 

 

ホテルでばかり会うのも・・・


味気ない感じがします。彼ともっと会えるようパートをしてお金を貯めようかなとも思ったのですが、いきなりパートしたいといったら夫に怪しまれそうですし、夫はパートにはあまり賛成的ではないのです。

 

でも年下の彼が可愛くて、お金で大変な思いをさせたくないのでできる限り私が出してあげたいんですよね。夫に内緒でお金を貯める方法を考えようと思います。

不満を言わない”出来た妻”が一番危ない浮気の兆候

一つ屋根の下で他人同士だった二人が共同生活を通じて、様々な体験を重ねてゆく結婚生活、どんなにお互いに好きになって一緒に暮らし始めたとしても、むしろ何らかの行き違いや摩擦があるほうが当然です。最初は意見の衝突が

 

 

夫婦喧嘩という形で大きくなってしまうことも・・・


度々あろうかと思います。夫婦喧嘩は嫌なものですが、やるならとことんやるべきだと思います。それは互いをひたすら傷つけあうということではありません。喧嘩をすることによって互いの絆を深め合ってゆくべきです。

 

もし、その時にお互いの話にきちんと耳を傾け、理解しあい、譲り合ってゆくことが出来ないと、いつの間にか見えない溝が出来てしまうからです。特に

 

 

  • 「最近、あまり夫婦喧嘩がなくなってきたな」
  • 「嫁さんからの小言が随分と減ってきたな」

と思っている旦那さんは、要注意です。一見うまく行っているように見えているだけで、実は、妻のほうが一方的に我慢や諦めの境地に至り、旦那さんに心を開かなくなってしまっただけなのかも知れないからです。

 

同時にこれが妻の浮気の兆候であるケースもあり得ます。女性は心の拠りどころをどこかに求める人が多いので、夫が自分のよき理解者となり得ないことを悟ると外にその理解者を求めるようになる場合があるのです。

 

 

浮気をされてもそれに気づかない夫には共通の特徴があります。


文句を言われないのは、期待されなくなったからなのだということ、そして妻の機嫌がよいのは、家庭以外のどこか別の場所に妻の心の隙間を埋めてくれる男性がいるからなのだということに気づかないことです。

 

一方的に自分の主張だけをぶつけて妻の言い分を聞き入れずにいたり、仕事に忙しいことを理由にして家庭を顧みずにいたりすると、積み重なった問題を全て妻が一人で背負うことになります。

 

そういう男性は、その妻のプレッシャーやストレスにも気づかず、

 

 

「やっと嫁が俺の気持ちを理解してくれた」


などと自分中心に表面的にしか物事を受け留められません。その一方では、水面下で妻の浮気が進行してゆくのです。