専業主婦でも配偶者貸付で消費者金融から借りれないの?

総量規制は年収により貸金業者から借りられる金額(正確には貸金業者が申込者に対して貸し出す金額)を規制するものです。ですので収入のない専業主婦では貸金業者から借りれないということになりますが、総量規制では

 

 

全てが年収の三分の一までしか借りれない訳ではない


ので例外や対象外になるローンや場合があります。専業主婦に関連してくるのがこの例外に該当する配偶者貸付なのです。

配偶者貸付ってなに?

通常、婚姻関係があれば資産や家計は共有されているものです。専業主婦の場合は旦那さんの収入によって家計が成り立っており、それを専業主婦がやりくりするというのが普通です。ですので、

 

 

旦那さんの収入と借入、専業主婦の収入と借入を合算して総量規制の範囲内であれば貸してよしとするのが配偶者貸付です。


どういうことかというと、財布が一緒なのだから総量規制としての年収の三分の一以下の貸付額も一緒で見ようということです。基本専業主婦の収入はありませんし、申込がはじめてであるなら専業主婦の借入もありません。

 

ですから収入のある旦那さんの総量規制の範囲内で専業主婦でも貸金業者から融資が可能になるというのが配偶者貸付です。

じゃ配偶者貸付で専業主婦でも消費者金融で借りれるんじゃないの?

もちろんスピード融資の消費者金融や無利息サービスのあるカードローンに申込みたいという希望は専業主婦にも多いでしょう。しかし配偶者貸付を適用して専業主婦に融資するには、貸金業者に条件が課せられています。その条件とは、

 

 

  • 収入のある配偶者(旦那さん)の同意書
  • 収入のある配偶者との婚姻関係を証明する書類(住民票や戸籍抄本)
  • 一定額以上の貸付には収入のある配偶者の収入証明

これだけの書類を専業主婦から回収しなければいけません。これなら正直旦那さんの同意を得ているんだから旦那さんが申込んだカードローンを貸してもらった方が早いということになるんです。また専業主婦の大半の方は、

 

 

旦那に内緒で借りたいんだけど・・・


こういった事情があるので、貸金業者は配偶者貸付の商品を作っても同意書などでバレたら意味がなく、需要がないとみて配偶者貸付に消極的で収入のない専業主婦は一律申込不可にしてるところがほとんどなのです。