配偶者の与信が主婦の審査に影響する?

配偶者貸付は銀行カードローンには関係ないが同じ要領で配偶者が審査される

主婦がカードローンなどでお金を借りる場合、少なからず配偶者の与信が関係してくる場合があります。

 

特に、個人的な収入を得ていない専業主婦の場合は配偶者の収入が重要となりますので、配偶者に対する審査は必ず行われることになります。

 

専業主婦がお金を借りるためには配偶者に安定した収入があることが条件となりますのでカードローン業者や金融機関によっては

 

 

配偶者の勤務先への在籍確認が行われるケースもあります。


また貸金業者には配偶者貸付という夫婦で合算して総量規制の範囲内であれば専業主婦にも融資可能という例外規定がありますが、銀行には関係ない法律ですが、これと同じような見方で審査されます。

 

ですので、配偶者の借入が年収の1/3を超えている、若しくはそれに近い額を借りているという状況であれば、専業主婦の審査は間違いなく厳しくなってしまいます。

 

逆にパートをしていて、安定収入があれば主婦自身の与信で審査が可能ですので、それほど配偶者の与信状況が影響してくる訳ではありません

配偶者の与信に問題があれば審査は厳しくなる

もちろん専業主婦は配偶者の与信で借りるわけですから、配偶者の状況に問題があった場合には融資を申し込んだのが主婦の名義であったとしても融資を受けることができなくなる場合があります。

 

たとえば、配偶者が既に他社からの借入がある状態で、さらに返済を滞納している場合などはカードローンの審査における与信判断で評価が低くなります。

 

また、配偶者が失業中などで安定した収入を得ていない場合や、転職直後などで新しい勤務先への勤続期間がまだ十分ではない場合なども、配偶者の与信判断としては不利な材料となります。

 

>>専業主婦も旦那にばれずに申込めるカードローン

配偶者に問題があって自身のパート収入がある場合は自身の与信で申込む

もしもパートやアルバイトなどで、少ない金額ながらも個人的に収入を得ているという主婦であれば、自身の状況を審査してもらって融資を受けることができます。もともとカードローンというものは個人の信用情報をもとに融資を受けるものであり、

 

 

個人的に安定した収入を得ているという状況であればカードローンの審査を申し込むことが可能です。


カードローンで融資を申し込む主婦本人に収入があるという場合には本人の返済能力が審査で判断されることになりますので、

 

 

配偶者の与信判断が影響することはありません。


そのため、配偶者が安定した収入を得ていない状況だったり、あるいは過去の借入において返済を滞納したという実績があったとしてもパートやアルバイトで収入を得ている主婦の場合はお金を借りるうえでそれほど大きな影響はないでしょう。

 

>>パート・アルバイトなどで安定収入があるのならこちらの消費者金融

 

このことからも、個人的な収入を得ているかどうかというのは審査でも大きく関係してくることがわかります。