専業主婦の在籍確認の電話連絡があるのか気になります

収入が現在進行形で支給されているかの確認の為の在籍確認

消費者金融や銀行カードローンなどからお金を借りる場合というのは、原則として毎月安定した収入を得ているということが条件となります。

 

そのため、カードローンの審査では勤務先への在籍確認というものが必須の審査項目となっており、

 

 

この在籍確認ができない人に対しては融資は行われません。


これはカードローンの利用条件として安定した収入があることが設定されているためであり、収入を得るための方法として適切なものであるかどうかを確認するといった目的もあります。

専業主婦を対象にした銀行カードローンでは電話連絡はない

では、収入を得ていない専業主婦がカードローンを利用してお金を借りる場合、在籍確認はどのような対応になるのでしょうか?

 

この場合、大前提として専業主婦であっても融資対象としているカードローン業者を利用することというものがあります。お金を借りるためには毎月の収入があることが必須条件となっているカードローン業者からは、

 

 

個人的な収入のない専業主婦はお金を借りることができません。


中でも専業主婦を対象にした専業主婦カードローンがありますが、こちらは専業主婦に対しては専用借入枠(小額で最高50万円程)がありますので、

 

 

この場合の在籍確認は基本的には行われないという認識で良いでしょう。


>>在籍確認の電話がないので旦那にばれずに申込めるカードローン

勤務先がないのでそもそも電話を掛けるところがない

そもそも収入を得るための勤務先というものが存在しないため、在籍確認をする相手がないのが専業主婦という立場です。そのため、

 

 

専業主婦がお金を借りるためには本人確認書類を提出し、その書類に対する裏付けとして自宅への電話があるという程度にとどめる場合がほとんどです。


ただし、先ほど説明した専業主婦専用借入枠のある銀行カードローンに限られます。

 

>>在籍確認の電話がないので旦那にばれずに申込めるカードローン

専業主婦向けではない専業主婦申込可能カードローンでは注意が必要

専業主婦専用借入枠のある銀行カードローン以外の場合は、専業主婦がお金を借りる場合というのは配偶者に安定した収入があることが条件のひとつとなりますので、

 

 

配偶者の勤務先に対して在籍確認が行われる可能性はあります。


この場合も必ずしも行われるというわけではなく、カードローン業者によって必要に応じて行われるという認識で構いません。いずれにしても、専業主婦専用借入枠がある銀行カードローンでお金を借りる場合には在籍確認は行われないためこの点については特に心配する必要はないでしょう。

パート主婦が自分の与信で申込む際は勤務先に電話が掛かる

パートなどで安定収入がある場合には、もちろん自身の与信でカードローンを申込んだ方が、

 

 

申込めるカードローンの幅が広くなるので用途に合わせて選べる


ようになりますのでそちらの方が有利です。そうなると当然在籍確認はパートをしているのであれば、パートの職場に掛かってくることになります。

 

 

気を使うので職場に余計な電話を掛けて欲しくないんだけど・・・


と心配する必要はありません。在籍確認の電話が職場に掛かってくる際には、金融業者の担当オペレーターの個人名で掛けてきますので余程のことがないと職場にバレることはありません。

 

しかしどうしても電話を掛けて欲しくない!!というのであれば、プロミスで相談してみましょう。

 

 

プロミスでは在籍確認の電話とは別の手段で確認する相談が出来ます


ので、パート先への電話連絡を回避できる場合があるのです。

 

>>プロミスで職場への電話を回避する相談をする