専業主婦はお金を借りることは出来ないのですか?

専業主婦はお金を借りられない?

専業主婦とは、パートやアルバイトで外に働きに出ておらず、基本的に家庭での主婦業に専念している人のことをいいます。そのため、個人的に収入を得ていないということで社会的な立場としては無職という扱いになります。

 

消費者金融をはじめとする、いわゆるカードローンを利用してお金を借りるためには毎月安定した収入を得ていることが条件です。専業主婦という立場の方は収入はないですが、

 

 

実は収入のある配偶者(旦那さん)が居るので消費者金融等の貸金業者も貸したいのは山々ですが、総量規制により収入のない方には貸せなくなっています。


従って、社会的には無職という立場の専業主婦についてはお金を借りることができないということになります。

 

もっとも、この点については必ずしもお金が借りられないというわけではなく、申し込む先によってはお金を借りることができる可能性があります。ここでは、そんな専業主婦がお金を借りるための方法について考えてみましょう。

専業主婦がお金を借りられる可能性

消費者金融が融資を行ううえで条件としているのが毎月安定した収入を得ていることです。これは何らかの勤務先に所属し、毎月給与収入を得ていること、というものが条件となっていますが、勤務先がない専業主婦は申し込むことができません。消費者金融の場合は総量規制という法律が適用され、

 

 

この規定では年収の3分の1を超えてお金を借りることができないと定められています。


収入の金額がない専業主婦の場合は、融資を受けることができる金額についても同様に0円という扱いです。そのため、消費者金融では専業主婦はお金を借りることが基本的にはできなくなっています。

専業主婦がお金を借りる方法

専業主婦がお金を借りるための方法としては、現在では銀行カードローンであれば融資を受けられる可能性があります。これは、

 

 

銀行カードローンが消費者金融のように総量規制の規定による影響を受けることがないことが関係しています。


ただし、銀行カードローンであっても必ずしも借りられるというわけではなく、たとえば配偶者に安定した収入がある等の申し込み条件が設定されています。

 

また、銀行カードローンの中には融資を行うための条件として年収の金額が設定されていたり、安定した収入を得ている必要があることなどが定められているケースもあります。当然ながら専業主婦には収入がありませんので、銀行カードローンであってもこうしたところからは借入を受けることはできません。

 

そのため、専業主婦がお金を借りたいということであれば、まずは銀行に相談し、さらにどのような融資条件が設定されているかということも事前に確認しておくようにしましょう。