消費者金融 専業主婦

上限金利が定められている利息制限法とは?

 

利息制限法とは金銭消費貸借契約における上限利息を定めている法律のことです。以前の消費者金融ではグレーゾーン金利と呼ばれる利息制限法の上限利息を超え、出資法の上限利息は超えない高金利で貸付していました。

 

 

現在の上限金利は20%はいつ決まったんだ・・・


出資法の上限利息のほうが利息制限法の上限利息より高かったのですが、出資法の上限利息を超えなければ罰則を受けませんでした。基準が二つあるためこのようなグレーゾーン金利が生まれて問題になっていましたが、

 

 

平成22年6月18日に貸金業法は改正されました。


利息制限法の上限利息を超える貸付は禁止されています。もし違反すると5年以下の懲役または1000万円以下の罰金が科せられます。これによりグレーゾーン金利は消え、きちんとした消費者金融であれば利息制限法の上限利息を守って貸付しています。

罰則対象の金利と過払い金返還請求

利息制限法の上限金利は20%と18%と15%と3段階あります。借入額が10万円未満であれば最大でも利息は20%です。つまり出資法の上限金利が引き下げられたことにより20%以上での金利の貸付はなくなりました。

 

 

グレーゾーン金利で融資を受けていた場合は過払い金を請求できるのかぁ・・・


過去に利息制限法の上限利息を超えて借りていた方は過払い金請求を行うと払いすぎた分については返還されます。利息制限法に基づいて引き直し計算を行い計算書を作成し、借主に送付することが必要です。引き直し計算ソフトがありますのでそれをご利用すると簡単です。

 

 

過払い金の請求にはデメリットがあることを承知した上で行わなければいけません。


完済済みでも過払い金請求は行えますが、返済中の場合の過払い金請求は債務整理扱いとなります。ブラックリストに掲載され削除されるまでクレジットやローンの審査に受からなくなるので注意が必要です。

page top