消費者金融 専業主婦

貸金業法の改正について

 

2010年6月に貸金業法などの改正が完全施行されたことにより、大きく変化したことがあります。近年、テレビCMでよく目にする『過払い金請求』や『グレーゾーン金利』に関わってきます。

 

 

グレーゾーンの金利って何なの?


そもそも、貸金業法の完全改正以前に2つの法律において定められていた金利上限に矛盾がありました。2000年に改正された貸金業法では金利上限が29.2%、利息制限法で定められている金利上限は15〜20%とそれぞれの法律上限金利の間に金利差が生じていました。

 

 

出資法の金利上限と利息制限法の金利上限との間の金利帯のことだよ。


その矛盾点を解決するため、貸金業法の金利上限が20%まで引き下げられたことで、グレーゾーン金利が完全に撤廃されることになりました。これにより実際にグレーゾーン金利で支払っていた過払い分のお金の返還を求める手続きを『過払い金返還請求』といいます。

貸金業法の目的

そもそも、貸金業法と利息制限法は本来の目的が異なっていました。貸金業法は、金利上限を定め守らない貸金業者へ罰則を定めたものです。利息制限法は元本金額毎に金利上限だけを定めたものです。

 

つまり、利息制限法を守らなくても問題はなく、貸金業法で刑罰を受けない範囲ではどのような貸付も行えるといった問題を抱えていました。この矛盾が改正されるまでに多くの方が、余分に利息を払ったり、自己破産したり、挙げ句の果ては自殺したと考えると

 

 

法律を改正する際には問題を解消する為に大きく変える必要があったのです。


また、最近になって『過払い金請求』が大きく騒がれているのかというと、このグレーゾーン金利期間で過剰に支払われた利子の返還請求期限が迫っているからです。10年という時効があるので該当する方はできるだけ早く手続きをする必要があります。

page top