消費者金融 専業主婦

審査に関わる過去のカードローンの利用実績

 

キャッシングの審査の際に判断要素の1つとなるのが、今までのカードローンの利用実績です。これは文字通り、今までにカードを利用したキャッシング、及びショッピングローンを利用した記録で、信用情報機関に直近の5年間の分が保存されています。

 

 

  • JICC
  • CIC
  • 全国銀行個人信用情報センター

この信用情報機関には、そういった個人別のカードローンやショッピングローンを利用した情報が全て記録されています。

 

 

  • 住宅ローンやカーローンを組んでいるような場合
  • 奨学金を借りている場合
  • カードを利用しないTVショッピングのローン

なども対象になっています。ローン契約の利用履歴は全て記録されていると考えてください。これに問題があった場合、審査でそれが原因となり、落とされてしまうことがあります。主に過去に各種のローンで返済を遅延してしまった場合がそれに当たります。

返済履歴のメリットとデメリット

一度や二度、ほんの数日返済が遅れたくらいではそう大きな問題とは思えないような気もしますが、何度も繰り返しているような場合や長期間延滞したことがあったような場合は悪質だと判断されてしまい、新たな審査では通過できない可能性が高いです。

 

 

利用実績の全くない申込者はどうなの・・・


またこれまでに全くそういったカードやローン契約を利用したことがない人にはこの利用履歴が全くありませんが、そのような人がカードローンの審査に通りやすいかと言えば、実はそうでもありません。利用実績が全くないという事は返済を行った事も全くないからです。

 

 

現在の借り入れこそありませんが、きちんと返済をしてくれるかどうかの判断がつかない面も含んでいます。


その為、キャッシングの世界ではキャッシングなどのローン契約が初めての利用の人より、今までに何かのローンを利用したことがあり、きちんと返済を行ってきた人の方が審査で優遇される傾向にあります。

page top