消費者金融 専業主婦

扶養される専業主婦の年金

 

厚生年金や共済年金加入者に扶養されている専業主婦は3号被保険者として保険料を払わなくても国民年金を受け取れる制度があります。ここで扶養される専業主婦の条件は、20歳以上60歳未満で年収が130万円以下の方を指します。

 

 

私の年金ってどうなるんだろう・・・


この制度はサラリーマンの妻が無年金になるケースが多かったために導入された制度で、この3号被保険者の年金原資は、扶養者である厚生年金や共済年金加入者と雇用企業が折半で払う厚生年金や共済年金から、国民年金に一括して支払われているものです。

 

 

ご主人の厚生年金からあなたの年金は支払われているはずだから年金は貰えるわよ。


この制度は、国民年金加入者から不公平であるとの意見も多く、また3号被保険者は130万円以下の年収である事が条件で、主婦の働き方として130万円の壁と言われるように、これを超えないようにパートやアルバイト収入をコントロールすると言った事態も生じ、

 

 

それでも扶養控除内で働いて将来の為に備えておかないと・・・


働き方としてもったいないと言った意見もあり、見直しの必要性が叫ばれています。ただ、現状では専業主婦は3号被保険者の制度の適用を受ける事はもちろん権利です。

1号被保険者となるケースについて

しかし、扶養している夫が定年退職などで厚生年金や共済年金の支払いがなくなった時には、専業主婦は3号被保険者ではなくなり、60歳未満であれば、国民年金の1号被保険者として月額16,260円の保険料を納める必要が生じる事を忘れてはなりません。

 

 

そうね。ご主人が保険料の支払いがなくなった場合の事も考えておかないとねぇ・・・


専業主婦は65歳から基礎年金が支給されます。それまでに扶養者である夫が厚生年金や共済年金を受給する場合には、扶養加給が付加され、専業主婦が基礎年金を受給し始めると、夫の扶養加給がなくなります。

夫が亡くなれば年金収入だけでは更に苦しくなる

夫婦にとっての年金収入は、扶養加給が付いた夫の厚生年金や共済年金の受給、そして専業主婦が基礎年金受給の65歳に到達すれば、夫の厚生年金や共済年金と専業主婦の基礎年金(扶養加給よりも金額は多い)、そして夫が先に亡くなれば

 

 

夫が亡くなった場合はどうなるのかなぁ・・・


それ以降は遺族年金として厚生年金や共済年金の報酬比例部分の3/4と専業主婦の基礎年金が年金収入となります。

 

 

遺族年金は支給されても生活は厳しくなるわよぉ・・・


一般的には女性の方が長生きのため、夫が亡くなって以降の10年、20年と年金収入が大きくダウンした状態で生活継続が必要であり、これを考えて預貯金等で不足分を手当てして置く事が必要です。

page top