消費者金融 専業主婦

専業主婦のカードローン申込みについて

 

自身に収入のない専業主婦がキャッシングを行う場合、貸金業法により消費者金融からの借入は行えない為、銀行のカードローンを利用することになります。専業主婦のカードローンの契約には自身の身分証明書の他に用意する書類があり、

 

 

同意書が必要な金融機関では夫の相談しないとダメよねぇ・・・


まず夫の同意書が必要になります。これは正確には配偶者の同意書といい、決まったフォーマットがある銀行ではそれに記入して提出します。特に決まったものがない銀行では自身で作成したもので大丈夫ですが、

 

 

ご主人に内緒にしたい場合は同意者が必要のない金融機関を選ぶしか・・・


あまり砕けた形にならないように他の銀行のフォーマットを利用して作成するのが一般的です。この同意書は銀行によっては必要がない場合があります。夫には秘密で借入を行いたい場合はそういった銀行を利用してください。

申込みに必要な書類とは?

また夫との婚姻関係を証明できる公的な書類が必要になります。これには住民票や戸籍抄本などが使われます。これも一部の銀行では必要にならないことがありますが、通常はまず必要になります。

 

 

夫の勤務先を記入しても内緒にできるのかなぁ?


申込みの際に夫の勤務先や年収額を記入しますが、

 

 

契約することをご主人にに連絡されるようなことはないです。


契約後にもし返済の遅延があった場合も、夫に連絡がいくようなことはありません。契約をしたのは妻本人なので、夫であってもその個人情報を公開するようなことは無いということです。勿論、返済は本人が責任をもって行わなくてはいけません。

銀行カードローンの場合はどれくらい迄可能か?

専業主婦の場合、限度額は30万円に固定されている銀行が大半です。一部50万円までの銀行もありますが、基本的に30万円だと考えてください。これは利用実績で増額されるようなことはまずなく、

 

 

文字通り、本人に収入がない専業主婦に貸すことが出来る限度ということです。


借入を受ける銀行を選ぶ事で夫に秘密で自由に使えるキャッシングを行う事ができる点は専業主婦にとってメリットだと言えます。

page top